今日も気分で景観を考えてます!
by hayashi_kentarou
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
キムカツ
from 今宵の勝負レストラン
建築家
from 『建築家』情報
ニュース[mixi]情報発信
from 話題のニュース速報: ニュー..
2 April LI..
from プロジェクト13% 「e」塾..
今日のNHK
from 今日のNHK
世迷い言
【↓神のささやき】
b0022140_7574044.jpg

はい、夏休みですね、やっほい!



前期のおおよその予定が終わりました。
「おおよそ」っていうのは実は、まだ体だけはその場に無くちゃいけない、とか
そういったことが有るからです、とはいえ頭脳労働は、ほぼ終了。
夏を満喫して可。

学期末、一番ストレスだったのは、ゼミ発表ですね、卒業論文ゼミ。

かなり前に、「〜のデザイン提案」っていう大きなくくりで取り組みます、って
感じの大枠をテーマにしたので、自分でも想定していなかったような要素を
学ぶことが出来て、ラッキーだ、みたいなことを書きました
今回は、その反面で潜在していたことがどんどん出て来て、収集がつかないと、研究の成果物が何になるのか
いう罠にハマっていました、策士、策に溺れる、
滑稽、滑稽、はっはは!(←空笑い。)と笑う、策士=俺。

(実は想定される成果物は複数あり、
それぞれの関係をシステムに統合することが求められているんです
「そのシステムみたいなものがありそうだな」、みたいなことが
おぼろげに分かってきたのですが、そのシステムを形成しても有効に働くかは
また別の話。)

で、
迷路でも入口から進入することも出来るけど
じつは出口から侵入することも出来る、そんな面がありますよね。
その迷路全体を想定するような、想像力も確かに必要になってくるのですが。

今回は、「その迷路の中には、いくつかの分かれ道があることが分かって、
その分かれ道と出口が、どうつながるのかを考えてみたんです、僕」
みたいな、ゼミ発表をしました。(←ややこしい)

で、そんな発表の構想を練りながらを、研究室を出て徒歩で帰宅する、夜道。
自転車で、すれ違った人が何かを落とす。
『ベキ、カラコン、カラコン』みたいな音を伴って。

で、拾ったのは今日の写真のこれ。
三色ボールペンの頭に、修正テープが付いている、すごいペン。
同時に研究室でアフォーダンスなんていうのを考えていたので
神が舞い降りたかと思いましたよ。
なんて素敵なシステムなんだ!
「かゆい所に手が届くシステム」と命名しよう、うん、ソウダソウダ!
なんて思ったり、思わなかったり。

で、「なんだこれ?」と拾った時には
落とし主は、既に点のように小さくなっていたので返すことも出来ず、
とりあえず握ってみると、とんでもなく軸が太いペン、
書いてたらそりゃ、書き間違えるよ位に太い。

神はささやきました、「とりあえず一つだけやってみなさいよ」と。
少年は「うん!」と言って、走り去りました、夏の宵。
(→つづく。体系的ってなんですか。無計画な夏休みのはじまり、はじまり)
[PR]
by hayashi_kentarou | 2005-07-30 08:59 | 景観
<< 滅私奉公と公私混同 知らぬ間(2) >>